小顔ケアとは

小顔ケアとはオイルを使ってお顔のコリをほぐす整体です。オリーブでは血行とリンパの流れが滞らない環境をつくり健康と美容に効果がある施術を行います。血液は生命の源にして最高の美容液。小顔ケアのベースはお肌の健康です。

このページでは小顔ケアと潤滑油を使うオイル整体やフットケアなどオイル施術について。さらに「健康=美肌=ダイエット」というところにまで迫ります!

エステのイメージ

ある時、お客様が「顔がこって辛いのでほぐしてほしい」と。それが表情筋に興味をもち、小顔ケアを始めるきっかけでした。小顔ケアのベースはお肌の健康です。そしてキレイになる力はお肌自体に備わっています。それが表皮のターンオーバー(新陳代謝)です。


「ターンオーバーが乱れる三大要素」

①栄養

②血行

③睡眠

食事やスキンケア①栄養だけが、根本的な改善ではないことがお分かりと思います。②血行とリンパの流れが栄養を運び老廃物を流します。質の良い③睡眠は過度な心身の疲れに影響されますね。栄養・血行・睡眠、そして心と体はリンクしています。

常に新しい肌に生まれ変わるターンオーバーの乱れが、しみ・しわ・たるみ・くすみ、にも大きな影響を与えています。オリーブでは施術者の領域として血行・リンパの流れを促進。肌本来が持つ自然治癒力を引き出します。

リンパケアはリンパドレナージュのように、優しく表皮のリンパを流すだけでは施術としては不十分です。リンパ管は筋肉の中にも多くあり、表皮だけにあるものではないからです。また老廃物を流す循環系はリンパより静脈の方がはるかに役割が大きいので。リンパケアとは、筋肉をほぐして・血行を促進させ・リンパを流す、従来の整体法そのものです。

オイル整体イメージ

リンパの流れを促すリンパケアの具体的な方法は、古来からの按摩やマッサージ、アビヤンガ、推拿などの名称で呼ばれて行われてきた方法そのものでもある。

リンパケア検定2級(評言社)より引用 日本リンパ協会


施術者の手にゆだね、自分では出来ないケアをするのが施術の役割ですので、しっかりと筋肉にアプローチすることが大切です。そしてオイル施術の最大の特徴はその高いリラクゼーション効果にあります。張りつめた体に深呼吸をもたらし、深い眠りに誘うでしょう。

ターンオーバーにも深い眠りのノンレム睡眠が大切なのです。

潤滑油(オイル)を使う意味は、通常の整体とは違うアプローチを可能にします。

オリーブのオイル施術風景

巷でいわれる“小顔矯正”ですが、頭蓋骨はピクリとも広がりません。
消費者庁News Release

矯正というと歯列矯正のように骨に働きかけるイメージを持つかも知れないので、オリーブでは「小顔ケア」という表現にこだわります。骨ではなく筋肉にアプローチします。

むくみで顔がパンパンになることがありますが、寝起きの一時的なことが多いいでしょう。起きていると体液が重力で自然に下へ流れていくからです。(体液とは体に存在する水分の総称です)逆に足のむくみは同じく重力の関係で上に流れにくいですね。

それでもむくみが残っていればマッサージで解消されますが、小顔ケアはコリによって滞っている血行とリンパの流れを促すものです。ですから一時的なむくみを解消するためではなく、滞らない環境をつくります。そのために関連する頭・首・デコルテまで施術します。


顔が大きくなるのは無駄な脂肪です。

体が横に広がるのも無駄な脂肪です。笑

そしてそれは「健康」のキーワードに繋がります。

 

すべての土台はまず食事から

体は食べたものでつくられる。「肌は内臓の鏡」、食事で腸内環境を整えてしっかり便通。

当たり前ですがまずは食べ物が健康も美容もすべての土台。小顔ケアでコリをほぐそうが、軽い運動をしてよく寝ようが土台がぐらぐらではいけません。分かりやすい例があります。

動物園のスリランカ産トクモンキー。

体を寄せ合うトクモンキーの画像

12頭いるトクモンキーの短い毛がまだらに見えたので、バナナやリンゴなどの果物をやめて野菜中心の食事に切り替えたところ毛並みが戻りました。試しに半分の6頭の餌を果物に戻したら6頭とも毛並みがまだらになり、野菜中心に戻すとまたキレイに戻ったそうです。

動物園が与えていたバナナは私たち人間が食べるもので、トクモンキーがスリランカで食べるバナナとは違うものでした。「体に合わない食事は様々な不具合を生じる」ということですね。毛並みがまだらのトクモンキーにマッサージだけでは毛並みは戻らないでしょう。

小顔ケアもこれと同じです。小顔ケアは(上記)ターンオーバー三大要素「②血行」に特化した施術で「③睡眠」にもよい影響を与えます。これらをリンクさせることが大切です。

人間の祖先は猿です。猿は木に登って果物を食べることでビタミンCを体内に取り入れました。ですから人間や猿は体内でビタミンCを生成する能力を失ったと仮説されます。

ビタミンCをつくる酵素を失うのはとんでもないタイムスパンでしょうが、トクモンキーの毛が抜けたり人間の肌が荒れる程度の変化はすぐに起こります。それは外見上の問題だけではなく、お体の状態を現わしているのはいうまでもありません。

ココナッツ・フルーツ・ナッツ、健康食

腸内環境を整えて、腸美人は肌美人。ターンオーバーの三大要素「①栄養」です。栄養たっぷりの血液を運ぶ血流を促し、滞らない環境をつくるのが小顔ケアなど施術の役割になります。陰と陽があるように食べたら出す、これら一連のサイクルが大切ですね。

そしてそれは正しい意味での「ダイエット」のキーワードに繋がります。

 

健康=ダイエット

 

ウエストサイズを計る痩身女性

(編集中です)

 


お気軽にご予約・お問い合わせください

コメントは受け付けていません。