そもそも整体とは?

整体とは主に手技を用いた療法のことです。(手技=手の技、療法=治療の仕方・手段)
街で見かける、中国整体・タイ古式・カイロプラクティック・もみもぐし、などは整体と一括りにできます。文字通りに解釈すると体を整えることで、その技術・手段を意味します。

またこのページでは整体の目的と効果、そして整体など代替医療の真実と役割、更に整体の本質にまでズバット!迫ってみます。

整体とは手技療法のことです。

整体・カイロ・マッサージイメージ

療法には食事療法・運動療法・心理療法・化学療法などいろいろありますね。また整体には明確な定義はありません。国家資格ではなく民間の療法なので、お店により様々な手技療法をしています。

整体は「法的な資格制度のない医療類似行為」なので医療行為はできません。医療類似行為とは、医師の専門知識・技能を必要としない、疾患の治療・健康を目的とした施術です。

海外では法制化されている、カイロプラクティックやオステオパシー、また理論というより施術をマニュアル化したリラクゼーションチェーン店まで含めて整体と一括りにできます。

各療法の言い分はさておき、ざっくりと「もみほぐしによるボディケア」でいいでしょう。(理由は後ほど述べます)

よくある疑問、整体と整骨院の違いは?

整骨院は柔道整復師による、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの応急処置の場です。
手術をしない非観血的療法で、整復・固定などを行う施術です。

傷めた足を押さえる女性

が、爆発的に増え続ける整骨院に怪我をする人が追いつかず(苦笑)、整体店と同じようなことをしているのが現状です。需給バランスの影響ですね。

柔道整復師は「法的な資格制度がある医療類似行為」になります。

整体とはの大きな違いは国家資格者による保険適用施術。整骨院の保険適用範囲は、外傷性が明らかな原因による急性疾患のみです。マッサージなどは整骨院の業務範囲外ですので。

  • 整体店:民間の手技療法をするところ
  • 整骨院:怪我の応急処置をするところ

(骨折や脱臼が疑われる場合は画像検査ができる整形外科にいきましょう)

実際のところ国家資格と手技の優劣はまったく関係ないです。柔道整復師の施術(手技)を受けられた方ならお分かりと思います。
また整体師や柔道整復師は医師ではないので「治療・治す」という表現は使えません。療法の概念は治療なのでこの辺りも曖昧ですが、逆にいうと医師ではやらない施術を行います。

手技療法は免許や○○法とかそんな狭義な枠ではなく、施術者の志一つといえるでしょう。


整体とは他者の手による心身のケアです。(あえて体ではなく心身といいました)心と体は表裏一体ですので整体にはリラクゼーション効果が必要です。

 

整体の目的と効果について

整体の目的をひとことで言えば血行の促進です。そして整体の真髄は筋肉のコリを捉え、ゆませることにあります。筋肉のコリをほぐすことにより、血流が改善され、体の歪みは自然にあるべき位置に戻り、辛い症状が緩和・解消されます。これが整体の効果です。

オリーブの整体風景

オリーブの整体風景

先ずは当オリーブのベースである推拿(すいな)について見てみましょう。

中国語で「推」は押す、「拿」は掴む。

中国では整体術は推拿と呼ばれ、二千年の歴史があります。手の技のみで生体のバランスを整え、自然治癒力を高めていく、中医学の伝統的療法です。

例えば推拿の特徴的な手技に、滾法(こん/ごんほう)があります。手の甲や前腕を転がすのですが、しっかり“圧を加えながら圧を抜く”(圧=力)ことで、体の深部に波動が届き筋肉をゆるませる効果があります。整体の極意が凝縮しているといえるでしょう。


その他、お馴染みの手技療法もイメージがし易いので字義的に見てみましょう。

按摩の「按」は軽く押す、「摩」は撫でる。

マッサージの語源はアラビア語の押す(Mass)、ギリシャ語のこねる(Sso)、またラテン語の手(Manus)と同一語源とされています。

カイロプラクティックはギリシャ語で「カイロ」は手、「プラクティック」は技術。



いろいろな手技療法にも歴史があり、理論があり、そしてアプローチの違いがありますが、結局目指すところは同じ(はず)です。手技療法とは手で行う治療。古代から受け継がれてきた伝統的療法に、様々な理論・手法が吹き込まれ現在に至っています。

ですから私はすべての手技療法を「整体」と一括りにしています。(定義は曖昧なので)

人体は小宇宙でも、逆に“これだけのもの”と決まっているともいえ、人の手で出来ることには限界がある。これが正解ですよ。ですからその理論のゴールは同じであるべきです。

また前の項目で「各療法の言い分はさておき」と申しましたが、次の項目で述べているように多くの療法の理論には大きな難点があります。


整体は主に、肩こり・腰痛・頭痛・手足の疲れ・慢性疲労などへの対症療法です。手技で症状を軽減させ、治癒を促します。これが整体の醍醐味ですべてといっていいでしょう。

整体の目的と効果は、コリをほぐし血行を促進させることで、症状が緩和・解消します。

 

代替医療(整体、etc.)のウソ・ホント!? 

代替医療とは近代西洋医療以外の療法のことで、民間療法や伝統療法ともいいます。

代替医療の真実に迫ってみます。ちなみに科学的根拠とは人類の血と汗と涙の結晶であり、100%完璧ではないにしても”意見”が通用するレベルのものではありません。

びっくりする女性

医学の父として知られるピポクラテスは、こう述べました。


科学と意見という、二つのものがある。

前者は知識を生み、後者は無知を生む。

誰かが新しい治療法を提案したなら、それが効くかどうかを判断するためには、意見ではなく科学を用いなければならない、とピポクラテスは述べたのである。

科学は、真実について客観的なコンセンサスを得るために、実験や観察を行い、実施に試し、議論を戦わせ、真剣に話し合う。(中略)
意見は、主観的で相容れず、正しいか間違っているかによらず、もっとも宣伝のうまい者の意見が広まることになりがちである。

代替医療解剖(新潮文庫)より引用



ピポクラテスは、科学的根拠(エビデンス)の大切さを説きました。

難しそうな本とメガネ
コクラン共同計画をご存知でしょうか?コクランの「科学的根拠に基づいた医療(エビデンス・ベースト・メディシン)」は世界で公平な試験法と認められています。

公平な試験法とは、プラセボ効果や観察者バイアスの影響を防ぎ、客観的に治療効果を評価する、ということ。ランダム化プラセボ対照二重盲検試験は、医療に関しては考えられる限りもっとも信頼できる臨床試験とされています。


コクランの臨床試験は、鍼治療やカイロプラクティックや反射区療法(足ツボ)など、多くの代替医療の理論を否定し、その効果は「プラセボでしかない」という結論を下しました。

ちょっと衝撃ですね?
限定的には効果が確認されていますが、私たちにとって(世界にも)ポピュラーな療法が。

ちなみにプラセボとは偽薬のことで、プラセボ効果とは簡単にいうと「思い込み」ですね。

指圧やオステオパシーにしても、その理論による効果は「思い込み~限定的」なので、他の手技療法と同じく、「マッサージとしての緊張緩和と考えるのが妥当」という結果です。


(科学より意見・本質より演出、が広まりがちなのでこの記事を記す必要性を感じました)



補完代替医療の価値をきちんと知るべきだろう。ひとつには、年間十六億ポンドがそれらに費やされていると推測される以上、それに見合う価値が求められるからだ。

英皇太子



コクランのホームページから、気になるキーワードでエビデンスについて検索できます。

 

整体の役割 統合医療へ

医療(西洋医学)+代替医療(ざっくりいうと東洋医学)=統合医療。

代替医療とは近代西洋医療以外の療法のことです。整体やヨガもそうですね。

ヨガのイメージ

整体はリラクゼーションとして健康やリフレッシュに気軽にご利用ください。施術レベルや値段設定など様々です。美容院と同じように合ったところを探しましょう。

また代替医療には、国家資格のはり・きゅう(鍼灸師)、マッサージの一部(按摩マッサージ指圧師)、骨つぎ・接骨(柔道整復師)なども含まれます。


代替医療といっても多種多様で、理論上の効果、また存在自体が怪しいものもありますが、そこには各国の歴史と事情も関わります。

鍼は二十世紀に入るまでは廃れていましたが、中華人民共和国建国とともに突如として蘇ります。それは国家の誇りを高めること、人民が手ごろに医療を受けられるようにするイデオロギー的なものでした。また、アメリカでは日本の国民皆保険のような制度がありません。

手ごろな医療が必要とされたのです。

それは日本の柔道整復師にもいえます。医師が不足していた時代には応急処置として必要とされましたが、現在は規制緩和の影響もあり整骨院はもう何屋さんかわかりません。


近年は医療と代替医療(西洋医学と東洋医学)のいいところを取り入れて、生活の質を向上させようという「統合医療」が位置付けられています。

  • 西洋医学は、「悪いところを治せばいい」(人工的)
  • 東洋医学は、「全体をよくすれば悪いところも治る」(自然)




いわゆる「統合医療」は、近代西洋医学と相補(補完)・代替療法や伝統医学等とを組み合わせて行う療法であり、多種多様なものが存在します。

社団法人日本統合医療学会によると、「統合医療とは、さまざまな医療を融合し患者中心の医療を行うものです。科学的な近代西洋医学のみならず、伝統医学と相補(補完)・代替医療、更に経験的な伝統・民族医学や民間療法なども広く検討しています。」とされています。

厚生労働省「統合医療」情報発信サイトから引用



西洋医学と東洋医学、どちらかに偏りすぎるのは必ずリスクがあると考えられます。少なくとも東洋医学は根拠のない神秘の力から脱し、補い合い統合を果たしていくべきでしょう。

 

整体の本質とオリーブ流整体

整体の本質は自然治癒力を引き出すこと。手技そのものが特別な力で改善させるのではありません。オリーブ流整体は治癒を妨げる痛みや疲労感に即効力でアプローチします。

オリーブの手技は推拿をベースにしていますが、古来の理論や概念に捉われません。例えば「経穴(ツボ)や経絡」ではなく、「トリガーポイント(発痛点)とライン」と考え、心身ともに楽になって頂くリラクゼーションを目的とします。

伝統を重んじながらも、解剖学的な筋肉に対するアプローチを基礎とし、リラクゼーション施術を「型」とします。「型から技へ」すべてに対応する基本。


守破離という言葉があります。

  1. 型を徹底的に守る
  2. 試行錯誤して型を破る
  3. そして型から離れる

一人前の整体師になるにもこのプロセスが必要です。ですから型の完成度が重要なのです。


「圧」(力加減)の使い分けを得意とし、余韻を残す施術を心がけます。(ほぐすためにも最重要なので必然的にそうなりました)型がしっかりしていれば施術はシンプルともいえ、圧の“強さ”と“かけ方”に、プラスαとして「技」があります。

  • 「型」の完成度
  • 「圧」の強さとかけ方
  • 「技」のレベル

整体は解剖学の「知」と「型・圧・技」が合わさって真価を発揮します。


中医学の基本思想である、気や経絡には科学的根拠がありません。ですが、例えば首の後ろにある「風池」というツボは目に効きます。これはツボというより解剖学的に目に通じている場所なのです。(ある意味ツボですね)いわゆるツボの位置は施術の指標になっていて、古代中国の英知は確かに今に生かされています。

山登りをサポートする人

整体は手技で自然治癒力を引き出すためのサポートです。「再生力・免疫力=自然治癒力」。ご自身の体を癒すのはご自身の体。そう意識して心身の解放を感じ取って欲しいのです。(全力でサポートします!)

力加減の許容範囲は個々により大きく異なり、強すぎても弱すぎても効果は得られません。施術者の手を通して与えられる心地よい刺激が、心と体の緊張を解きほぐすのです。


ページの冒頭で「整体の真髄は筋肉のコリを捉え、ゆるませること」といいましたが、ここが大変なわけです。セルフケアのレベルや生活習慣の指導員ではいけません。

知識の「知」は持っているだけではしょうがないのです。「知」先行の手技が伴っていない施術、私はそれを「施術の理論武装」と命名しています。笑

頑固なコリや繊細なハリを解きほぐして明日への活力を!「ここが凝っていますね、こうした方がいいですよ」ではなくて「その前にこの辛い状態どうにかして」ということですね。

オリーブ流整体にはその”どうにかする力”があります。


施術は心地よさを楽しみながら、リラックスしてお受け下さい。

 

お気軽にご予約・お問い合わせください

 

コメントは受け付けていません。