マタニティ整体の活用法!逆子・産後骨盤矯正はNG

マタニティ整体の活用法!逆子・産後骨盤矯正はNG

ご予約・お問い合わせ >

営業日 水・金・土・日(第1・3金は休み)/営業時間 9:30~20:00(最終受付18:30)

マタニティ整体の活用法!逆子・産後骨盤矯正はNG



今回はマタニティ整体について、私の体験談を交えてお話してまいります。


喜ばしいはずの妊娠も、ホルモンバランス・体調・環境の変化で不安になったりしんどくなったり

いわゆるマイナートラブルやマタニティブルーですね。

そんなときは、辛い症状の緩和やリフレッシュに整体を利用してみてください。


ところで「産前産後の骨盤矯正」というものがあるようです。

というのは、私の考えるマタニティ整体と概念が違うのです。


もちろんマタニティ整体は絶大な効果を発揮します。

そのことについても、私のリアルな実例を確認していただければ納得できるのではないでしょうか。

マタニティ整体の目的

マタニティ整体を受ける女性

マタニティ整体は妊娠中の辛い腰背部痛や不安な気分などをリフレッシュする一つの手段のことです。

お腹が大きくなるにつれ、とくに腰から背中の痛みを訴える妊婦さんは多いいです。

他にも、

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 肌荒れ
  • 手足のむくみ
  • 倦怠感


などなど。


基本はそんなマイナートラブルへの対応が目的です。

ちなみに「マイナートラブル」とは、
医学的に大きな問題ではないけど妊娠中に生じる不快な症状のことです。



とはいえ、絶大な効果も発揮します。

楽になっていただくことはもちろん、確証はないんですが「もう帝王切開しかない」という難産を無事出産へ促せたり。


ですが、それはマタニティ整体の延長上にある結果に過ぎません。



例えば、寝違えとかギックリ腰もそうですが、“狙って施術するものではない”が私的な考えです。

「どうにかしたい!」って力みが間違った施術になりがちです。

野球に例えるなら、センター返しの延長がホームラン。

力んで狙っていると空振りか凡フライって感じですね。


ネットでよく見る特別なことをしてるっぽい文言は、その信憑性を疑うべきです。


整体である以上「体をほぐすこと」が大前提になるので、ここはしっかり抑えておいてください。




マタニティ整体はいつから?

手の平の上に赤ちゃんのイラスト

結論から申し上げますと、いつからでもオッケーです。

むしろ、いつからと言うことはありません。

日頃から肩こりや腰痛などで整体に通っているならその延長上ですので。



ただ、妊娠初期は注意が必要です。

周知の通り、初期は妊娠の状態と体への影響が変化しやすく不安定ですからね。

ですからガッツリ施術ができるのは妊娠5ヶ月からの安定期に入ってからです。



受けるときのポイントは、

  • 初期は時間を短めに
  • 腹部を圧迫しない
  • いきまない力加減で


以上です。


また、実際には母体や赤ちゃんの状態には個人差が大きいですよね。

どうしても、文章にすると安全に言ったり、施術でも加減をしすぎてしまったり。

とくに力加減や施術のリズム感は手の合う整体師にお願いしたいもの。

基本的な力加減を熟知しているだけでも初見の整体師と比べ大きなアドバンテージとなります。



つまりは、マタニティ整体の効果を最大限発揮するには、
妊娠初期から後期までどのタイミングでも互いの信頼関係が大切と言えます。




逆子は治すものではなく治るもの

エコー画像を持つ妊婦

マタニティ整体でよく言われる、
「妊婦さん特有のケアをして生まれやすい状態に持っていく。」

けっして間違いではないけども、それは施術者のおごりかも知れません。



それが「逆子を治す」というもの。

この辺りが「産前の骨盤矯正」にあたる部分だと思われます。

逆子は、お腹の中の赤ちゃんが頭を上にしている状態ですね。

(医学用語では骨盤位。)


妊娠中期に逆子と言われるのは約50%。

分娩時にも逆子のままの確率は約3%。


妊娠後期の31~32週に入るまでは子宮内には余裕があるので胎児はクルクル回れる状態です。

つまり、31~32週までの逆子はごく普通の状態にすぎません。

妊娠後期に入ると頭を下にした「頭位」という状態に自然になります。


ですから中期で逆子と診断されても要らない情報ですよね。

“なにもしなくても”最終的に逆子の確率は3%です。



マタニティ整体のホームページを見てみると、
「逆子を治します!改善率97%!」、お客さまの声には「逆子が治りましたー!」などなど。

ですが、97%自然に頭位になるということです。




逆子率3%のためにできること

赤ちゃんの足の裏

そう言われても一抹の不安は拭えない、という方もおられるでしょう。

「直前でも自然に治ることもあるようだけど、実際に3%は逆子のままだし、できれば帝王切開は避けたい・・・。」


そこでよく聞くのが逆子体操と鍼灸ですが、ともにエビデンスは見つけられませんでした。

やってもいいけど、やった方がいい根拠はない、ということです。



それでも不安な気持ちから、あなたは今、

逆子を治してくれる治療院や方法をお探しかも知れません。

でも、ちょっと待ってください。

妊娠の状態は人それぞれ違いますし、絶対に治る方法は存在しません。



私も妊婦さんに限らず、色んな人の、色んな症状を見てきましたが、絶対的な手法はありませんでした。

ただし、色々見てきたからこそ全てに共通する本質があるのも事実です。

その本質はとてもシンプル。


整体のたった一つの本質、

それは、



「体をほぐすこと。」



本当にこれだけです。


これがいかに強力な威力を発揮するかは後でお伝えしますが、
もう少し言うと体をほぐすことで「子宮」の状態に働きかけるということ。



32~34週を越えると、赤ちゃんは子宮の中でいっぱいいっぱいの状態。

頭を下にしたくてもスペースに余裕がないので戻りにくくなるのです。

なので、「子宮を柔らかい状態にしておくこと」が肝要です。


子宮は厚い筋肉でできています。


子宮が硬いと赤ちゃんは、
「うーん、壁が硬くてうごけないよ~。」

無意識にでもこう感じるはずです。


いっぱいいっぱいの子宮が硬いと赤ちゃんは回りにくいのです。



子宮が硬くなる原因は、

  • 冷え
  • 肉体的な疲れ
  • 精神的なもの



肩こりと同じですね。

子宮を柔らかくするには、冷やさない・疲れをためない・リラックスすることです。


マタニティ整体は、コリをほぐして血行を促進させ心身のリフレッシュが目的です。

心身の緊張がゆるめば子宮もゆるむ。

私は、「子宮にとどけ」と密かに念じながらほぐしています。笑




【実例】マタニティ整体の効果

ソファに寝そべる妊婦

難産を無事出産に促せた成功事例を、もう一つの実話からお話してまいります。

よくマタニティ整体には「妊婦さん特有の技術が必要」と言いますが、そうでもありません。

(もちろん先ほど言いましたように、注意すべきことはあります。)



ある、がん患者のお客さまがおられました。

痛みで辛い状態の中でも生きがいの仕事をしながら通ってくださっていました。

少しでも楽になりたいとの思いからです。

施術中も痛みでベットに寝れず、四つん這いになったりしていましたからね。


ある日、「大便がまったくでない」とのこと。

そこである刺激を与えてみました。

(特別なことはしていません。)

すると、「・・・待った!トイレ!トイレ!」と小走りにいかれました。

トイレから戻ってきた時の笑みは今でも忘れません・・・。



それから月日は流れ、

妊娠予定日を大きく過ぎても「陣痛がこない」というお客さまがお越しくださいました。

出産を促すために歩きすぎて足がしんどいとのこと。

もう、これ以上は危険なので帝王切開しかないとのことでした。


そこでですよ、
内心、ピーンと来たんですね。


がん患者さまのときとまったく同じイメージで刺激を与えてみました。

ぽこぽこぽこぽこ♪


後日の知らせでは施術の2日後、
無事に出産されたそうです。

(ちなみにこのときお医者さんも「陣痛が来ない出産は初めて」と言っていたそうですよ。)



これまで整体を受けたことがない方も一度マタニティ整体を利用してみてはいかがでしょう。

施術者の手法が合えばその効果は絶大なので。


体調がすこぶる悪いようなときは産婦人科で整体を受けてもいいか相談してみてください。




産後の骨盤矯正は必要ない

バツサインをする助産婦と注意の文字

マタニティ整体でよく行われているもう一つの代表格が「産後の骨盤矯正」です。


産後の骨盤矯正は以下のような理屈です。

  1. 出産時には骨盤が大きく開く
  2. 開いた骨盤は自然に戻らない
  3. そのままだと不具合が生じる
  4. なので矯正しないとダメ!




産婦人科医のお客さまに施術しながらお伺いしたこともありますが、
「(骨盤は)大きく開かないと思いますよ」、とのことでした。

この辺りに関しては、医学的にもはっきりとは解明されていない部分でもあるようですが。


でも、なぜはっきり解明されていないのかは簡単です。

それほど重要ではないからです。

(↑ここ、本質的なポイント。)



骨盤が大きく開いたままの状態というのは、稀におこる恥骨結合離開という大ケガの状態です。

そうなると、とても痛くて歩けません!

そのことからも大きく開いたままなんてことはあり得ないんです。



また、最近では「わずかに開くだけだけど正しい位置に戻らない」と言う意見も増えてきました。

実際に出産時、ほんの1~2ミリ動くと言われています。

ですが、そもそも骨盤の開閉は重要ではないので論点がズレているんですよ。

論点とは産後の様々なトラブルについてです。



妊娠後は出産に向けリラキシンなどのホルモンが骨盤の靱帯をゆるめます。

出産後オキシトシンと言うホルモンが2ヶ月かけて骨盤の靱帯を閉めます。

その間、骨盤が不安定に感じたりするのは靱帯がまだゆるんでいる状態なので当然です。

出産後、普通に歩いて生活できているなら骨盤に問題はありません。



骨盤の仕組みについては、わかりやすく、
骨盤矯正で瘦せるのか!?95%が罠にはまる理由とはで解説しています。




産後の骨盤矯正と壺の売り方は同じ件

相談者の手を押さえて説明するヒーラーの手元

もうね、
マタニティ整体でやっている産後の骨盤矯正は悪徳商法ですよ。

マタニティ整体は確かに有益な手段になりますが、使い方を間違えると施術者の信用を大きく損ないます。


産後の骨盤矯正の手口は「幸運を呼ぶ壺の売り方」と似ています。


  1. まず問診や検査(壺の場合は手相を見るとか)
  2. 問診や検査をしながらスキンシップをはかる
  3. 一転問題点を指摘し将来的な不安を煽る
  4. 解決法として施術(壺)の必要性を説く
  5. その先の明るい未来を話す
  6. 特別な技術(壺)っぽい説明から高額を受け入れさせる



3.の将来的な不安が、
「産前」なら逆子や難産、「産後」は下半身太り・腰痛・尿漏れなどに当たります。

もちろんどれも骨盤矯正っぽいことをしようがしまいが関係ありません。



煽って売るのは、人間の思考を一時停止させるテクニックなんですよ。

冷静に情報を見極めて判断してください。


もっとも、ある意味悪気なく、みんながやってるから漠然と骨盤矯正してる人もいると思いますが。

(こっちの方が多いいかも?)



面白いクイズがあるのでよければチャレンジしてみてください。

情報の見極め方クイズ↓(10点満点を目指そう!)

厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』

世の中の搾取から身を守るための知識ですが、すっぽり整体業界にも当てはまります。




まとめ

今回は、本当のマタニティ整体は特別なことはしないという話でした。

マタニティ整体の価値は辛い症状の緩和やリフレッシュにあります。

その延長上には大きな効果を生むことがあるかもしれません。


私は色々なお客さまを通し、多くを学んできました。

寄り添うなんておこがましい。

まず、逃げないことを学ぶ。

だからこそ自然体の整体にいき着くわけです。


マタニティ整体ですることは「体をほぐすこと」。

後はその結果論ですので。


あなたもぜひマタニティ整体を活用してみてください。

ではでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!


オリーブトップページ