ある失敗談を通してオリーブのことを赤裸々にさらす

ある失敗談を通してオリーブのことを赤裸々にさらす

ご予約・お問い合わせ >

営業日 水・金・土・日(第1・3金は休み)/営業時間 9:30~20:00(最終受付18:30)

ある失敗談を通してオリーブのことを赤裸々にさらす



今回は、とくにこれから当店へ見込みのお客さまへ、ホームページでは伝わらない失敗談からオリーブのことを知ってもらうための記事です。


一言に「整体サロン」といっても仕事のやり方・考え方は全然違います。

例えばチェーン店や一般的な個人店の場合、人通りのいい場所に目立つ看板を掲げ多くのお客さまを取り込みたい!

というのが普通でしょう。



私の場合は「楽しく仕事をする」というのを最重要に考えているので、どなたでもどうぞ!

ってわけではありません・・・。

このサイトを見て興味を持たれれば、ぜひぜひお待ちしております!


見込み以外の方にもこんな感じで整体やってるんだ、程度に読んでもらえたら嬉しいです。

お客さまは神さまではない?

口に人差し指でシーっと合図をする女性

「お客さまは神さまではありません。」

タイトルで赤裸々にさらすと申しましたので、サービス業としてあるまじきことを言いました?


ただ、勘違いされると嫌なので言っておきますと、私はお客さまをとても大事にありがたい存在だと思っています。

そもそもお客さまがいないと仕事ができないですし、とくに長ーいお客さまには感謝感謝です。



ずーっと以前、テレビで見た老舗ランドセル会社のお話に共感したこと。

「うちはお客様のために仕事をしているのではない。従業員第一です。」

記憶ではそんな風に全国ネットで堂々と言っていました。


ただ、仕事のクオリティは抜群です。

ここが根底にあるが故の自信でしょう。


自分のために生きれないのに、人のためにクオリティの高い仕事なんてできるはずない!

と思うんですよ。

「お客さまに喜んでもらうことで自分の幸せとの一致をはかる。」

私はこのバランスを重要視しています。




整体の経営もQCTのバランスが大切

QCTのバランス図

QCTとは、販売の現場で品質の維持、向上を行う際に最も重要な3つの事柄をまとめたものである。

Wikipediaより引用



  • Q:Quality 品質
  • C:Cost 費用
  • T:Time 時間



これ、整体を営むためにもとーっても大切なんです。

お店側だけではなく、お客さまにもめぐって関係してくるんですよ。

整体師といえども長年やってるとこういうことが実感的にもわかってきます。



お客さまにとってまず気になるのは、
Q:品質(技術力)ですよね。


「Q:技術のクオリティ]を保つためにCとTも関係してきます。

「C:コスト」には、経費だけではなく「労力」も含まれます。


つまり、施術以外にもかかる労力はコストとなって私に跳ね返ってくるということ。

ここを精神論でどうにかしようとすると、倍返しになって返ってくるでしょう。

お店とお客さまの約束ごとはキチンとつくって丁寧に説明とお願いをする。そうしないと結局お客さまにご迷惑をおかけし自分にも帰ってくる。#ほんとに倍返し

オリーブのTwitterより



整体のこと以外はお客さまファーストではなく、品質を保つためにはどうしてもバランスが大切なのです。




整体師は時間売りの件

砂時計とtime for loveの文字

ここでクエッションなんですが、人生は何で成り立っているでしょう?


「人生とは時間であり、ゆえに有限である。」

時間って大事だよね、って言いたかっただけですが。

「T:時間」です。



当店のホームページは格安制作会社に作ってもらいました。

で、のちにカスタマイズが必要になったりします。


メールで問い合わせするのですが、
何回もすると、

「申し訳ありませんが、これ以上はメール一通につき○○円いただきます。」


QCTのバランス的に私は製作者さまの時間を無駄に奪っていたのです。

(ちょっと自覚はあったんですけど。苦笑)



また、時間って整体のような仕事でもとても大事なんです。

当店は1日少人数制ですが、
予約と予約の間は必ずしも余裕があるわけではありません。

どのみち体力に限界があるのでトータル的に制限を設定している、ということです。


なので、たまーにいる遅れ癖がある方はちょっと厄介。

(↑ハッキリ言う。)



私のインターバルの時間を奪うことで、次のお客さまの施術のクオリティを下げる恐れがあります。

もちろん、
たまに遅れがあることは想定していますし、とくに初めてのお客さまは十分余裕を見ているのでご安心ください。


いや、むしろ初めての方には駅で待ち合わせしたりとか、けっこう時間的に融通が利くんだ?
みたいな誤解を招いたんじゃないかと反省しています。

(次↓と共にこの記事を書くきっかけです。)



※実際のところ、ほとんどの方は時間を律儀なまでに守ってくれますし、遠方から高速を飛ばしてくる方でも遅れてきたような記憶はありません。




人の脳はマルチタスクができない

忙しくて焦る女性

さて、けっこうハッキリ言っちゃっているし、内容的にもまだ見てくれている方はいるでしょうか?




・・・。





ありがとうございます!

では、もう少し続けてまいります。


なんとなく、リピーター様用直メール予約をやってみました。

電話番号もお伝えしてますが便利かなと思いまして。

(利用されたのはほんの一部の方でしたが。)


しかし、あえなく終了の運びになりました。

私が主旨を伝えきれなかったんですけども、
理由は以下の通り。

お願い: リピーター様用「直メールでのご予約」は終了させてください(。>人<。) (中途半端に始めたばかりに、すみません!) ・ご予約のバッティング ・不要なキャンセル ・私のストレスw の、3つに繋がることが理由です。 受付がいないのでタイムラグや解釈の違いで危険と判断しました。

オリーブのTwitterより


当日は電話だけにしたかったのですが、メールが便利って方はどうしても・・・。

メールって一方通行でタイムラグがあるので当日の予約や変更はマジ危険なんですよ。

受付がいないので。

(前日までなら大丈夫なんですが。)



ましてや、人の脳はマルチタスクに対応できません。


砂時計の形を思い出してみてください。

上と下は広く真ん中は狭くなっていますよね。

無理に砂を通そうとすると砂時計は壊れてしまいます。


例えれば、昼時のレストランで忙しいシェフがいます。

調理の工程以外のことに気を取られたら失敗したりクオリティが下がるかもしれません。


これって、広義には人生でも同じですよね。

無理に砂を通そうとすると私たちの心も壊れてしまうでしょう。



もちろん整体の仕事でも同じです。

あれこれ気を取られていたら施術に集中できないことがあります。


結果、QCTのバランスが崩れることで、もっとも大切なお客さまの信頼」を失うことになりかねないのです。




まとめ

当店は本格手もみを売りにしているのでQCTのバランスを大切にしている!

と言うことでした。

Qを維持するにはCとTのお客さまの協力も必要になります。


自分で言うのもなんですが、というか表立って誰も言ってくれないので自分で言うしかないのですが、

「天才ですね!」とか「安すぎない?」

と言われることもあります。


「そんなこと言って、最後に都合よく自分の宣伝してるだけじゃないですか?」

そう言われてもかまいません。

私が熱く語る理由、整体への思いはこの記事を読んでもらえればわかります!

【コンセプト】整体を通して豊かな人生に貢献する!


なんだか話がまとまってない気もしますがこんな感じでやってます。



ではでは、整体で人生を豊かに(互いになりましょう)!


オリーブトップページ