そもそも整体とは?基礎から業界のホントまで!

そもそも整体とは?基礎から業界のホントまで!

ご予約・お問い合わせ >

営業日 水・金・土・日(第1・3金は休み)/営業時間 9:30~19:00(最終受付)

そもそも整体とは?基礎から業界のホントまで!



整体を一言でいうと、「体をほぐすこと」です。


街でよく見かける、

  • 整体
  • マッサージ
  • もみほぐし
  • リラクゼーション


などの看板は、整体と一括りにできます。

文字通りに解釈すると体を整えることで、その技術・手段を意味します。


↓なお、ウィキペディアには下記のようにありますが、この記事は日本語の整体の意味です。

中国語の「整体」は全体、総体、または全体観(ホーリズム)という概念を意味しており、日本語の体の筋骨を整える治療技術を指す整体とは意味が異なる。

Wikipediaより引用


そもそも整体とは?


この記事ではそもそも整体とは?という基礎的な部分から、業界ではいろいろ言われてもうよく分からない目的と効果、真実と役割、さらに整体の本質にまでズバット!迫ってみます。


整体のイメージ


かあさん おかたを たたきましょう 
タントン タントン タントントン

童謡 肩たたき



もっともお母さんがお子さんに「タントン タントン」しているご家庭もあるでしょう。


これが整体です。笑



整体法は癒しの技法、普通の感覚で手を当てることから始まりました。

「手当」の言葉の由来は各説ありますが、

(患部に)

  • 手を当てる
  • さする
  • 撫でる


これが世界中の整体(マッサージ)のルーツです。


私は整体とマッサージを同義に捉えています。


正しくは、
整体は民間の療法・マッサージは医療用語、と分ける必要があることをお伝えして、このブログではそんな教科書通りの枠をヒョイと超えてまいります。




整体の定義は曖昧だけど“手技療法”のこと


整体とは手技療法のことです。

  • 手技とは、手を使って行う技。
  • 療法とは、治療の仕方・手段。



ちなみに療法には

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 心理療法
  • 化学療法



などなど、いろいろありますね。


整体は国家資格が必要ではなく明確な定義はないので、お店によりいろいろな手技療法をしています。

また、「法的な資格制度のない医療類似行為」なので医療行為はできません。

医療類似行為とは、医師の専門知識・技能を必要としない、疾患の軽減・健康を目的とした施術です。


医療行為ではないので、整体で行うことは「治療」ではなく「施術」といいます。

療法の定義が治療(=医療行為)なのでその辺りも曖昧ですが、いろんな意味で曖昧な業界なのです。



でもここが整体の醍醐味とも言えるでしょう。

規則・定石に縛られた施術では、十分な対応はできない・満足しないお客様も多いいという意味です。

その辺りも含めて読み進めてみてください。



国家資格が必要な、按摩指圧マッサージ。海外では法制化されている、カイロプラクティック。また、理論というより施術をマニュアル化したリラクゼーションチェーン店まで含めて整体と一括りにできます。


手技療法についてググって見ると、「整体とカイロプラクティックの違い」など、いろいろな理論や特徴についての記載がありますが、

すべての手技療法を整体(マッサージ)と一括りにする理由は後ほど述べます。




整体の目的と効果について


整体の目的をひとことで言えば血行の促進。整体の真髄は筋肉のコリを捉え、ゆるませること。そしてその効果は、血流が改善され、体の歪みは自然にあるべき位置に戻り、辛い症状が緩和・解消されることです。


筋肉質な男性のフルパワー


目的と効果の真実は一つです。そのことをお伝えするために若干遠回りしながらお話させていただきます。

(なお、「整体の真髄」については別の記事に書いているので、この記事の最後にリンクしています。)




ではまず、当オリーブのベースでもある推拿(すいな)について見てみましょう。



中国語で「推」は押す、「拿」は掴む 。



中国では整体術は推拿と呼ばれ、二千年の歴史があります。

手の技のみで生体のバランスを整え、自然治癒力を高めていく、中医学の伝統的療法です。



例えば推拿の特徴的な手技に、滾法(こん/ごんほう)があります。

手の甲や前腕を転がすのですが、しっかり“圧を加えながら圧を抜く”ことで、体の深部にまで波動が届き筋肉をゆるませる効果があります。

推拿の極意が凝縮していると言えるでしょう。 (「圧」とは「力」のことです。 )



推拿は日本では中国整体とも言われ、カイロプラクティックが海外では法制化されているように、中国では医療に取り組まれています。

ちなみに、漢方・鍼灸・推拿が中医学三大療法です。




イメージがし易いので例として、他のお馴染みの手技療法も字義的に見てみましょう。


按摩の「按」は軽く押す、「摩」は撫でる。

マッサージはギリシャ語のマッシー(揉む)、ラテン語の手、アラビア語のマス(押す)、ヘブライ語の触るが語源とされる。

カイロプラクティックは、ギリシャ語で「カイロ」は手、「プラクティック」は技術。




推拿は按摩より力強いイメージができます。


  • 按(軽く押す)→推(押す)
  • 摩(撫でる)→拿(掴む)



按摩は推拿の原型なので、より力強い手技も必要とされたのでしょう。

ただ、推拿には「按」と「摩」もあります。

要するに人に合わせて使い分ければいいんですね。

これが力加減です。


中国最古の医学書・黄帝内経(著作年代不明、紀元前二世紀に編纂)には、すでに按摩の文字があります。
マッサージは古代ギリシャの医師ピポクラテスが奨励し、16世紀後期にはフランスで医療として広まりました。
カイロプラクティックは、19世紀末にアメリカで開発された手技療法です。





結局のところ整体のルーツはひとつ


各手技療法には歴史があり、理論があり、そしてアプローチの違いがありますが、結局目指すところは同じ(はず)です。

すべてのルーツは一つであり(手当)、古代から受け継がれてきた伝統的療法に、様々な理論・手法が吹き込まれ現在に至っています。

人体は小宇宙でも、逆に“これだけのもの”と決まっているともいえ、人の手で出来ることには限界がある。

これが正解です。

ですから理論の方向性は同じであるべきなのですが・・・。



例えば、中医学やアーユルヴェーダなどの伝統医学にみられる全体観は、 それぞれの絶対的なエネルギーのバランスが崩れた状態が病気だったり、 カイロプラクティックの世界でもイネイト・インテリジェンスという気のようなエネルギーが流れているようです。


人の体の中って、見る人によって概念が変わったらおかしいよね!?

ってことです。


そして、手技療法の理論にも大きな難点があるのです。




整体は筋肉の過緊張(コリ・ハリ)によって生じる不具合(肩こり・腰痛、etc.)を軽減させて治癒を促す対症療法です。その目的と効果は、コリをほぐし血行を促進させることによる、症状の緩和・解消です。




よくある質問、整体と整骨院の違いは?


整骨院は柔道整復師による、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの応急処置の場です。(手術をしない非観血的療法で、整復・固定などをするところ。)


足を痛めた女性のイメージ


が、爆発的に増え続ける整骨院に怪我をする人が追いつかず、実質的には整体店と同じようにバラエティーに富んだことをしているのが現状です。

医師が不足していた時代には応急処置として必要とされましたが、需給バランスの影響ですね。

区別がつきにくいのも当然でした。


柔道整復師は「法的な資格制度がある医療類似行為」になります。

また、整体師と同じく医師ではないので「治療」ではなく「施術」をするといいます。


整体との大きな違いは国家資格者による保険適用施術。

整骨院の保険適用範囲は、外傷性が明らかな原因による急性疾患のみです。

いわゆるマッサージなどの手技療法は整骨院の業務範囲外なので。

参照サイト:全国健康保険協会(柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方)




  • 整体店:民間の手技療法をするところ
  • 整骨院:怪我の応急処置をするところ



骨折や脱臼が疑われる場合は画像検査ができる整形外科にいきましょう。

整骨院と接骨院はまったく同じことです。



マッサージが整骨院の業務ではないように、 国家資格と手技の優劣はまったく関係ありません。

複数の柔道整復師と整体師の施術(手技)を受けられた方ならお分かりと思いますけど。

私の場合はですが、手技療法がしたかったので柔道整復師ではなく整体師を選びました。

手技療法は免許とか○○法とかそんな狭義な枠ではなく、“施術者の志一つ”す。





代替医療(整体・鍼治療)のウソ・ホント!?


代替医療とは近代西洋医療以外の療法のことで、民間療法や伝統療法ともいいます。
(代替医療といっても多種多様ですが、主に手技療法についてお話してまいります。 )


びっくりする女性


代替医療の真実に迫ってみます。ちなみに科学的根拠とは人類の血と汗と涙の結晶であり、100%完璧ではないにしても”意見”が通用するレベルのものではありません。




医学の父として知られるピポクラテスは、こう述べた。

科学と意見という、二つのものがある。
前者は知識を生み、後者は無知を生む。

誰かが新しい治療法を提案したなら、それが効くかどうかを判断するためには、意見ではなく科学を用いなければならない、とピポクラテスは述べたのである。
科学は、真実について客観的なコンセンサスを得るために、実験や観察を行い、実施に試し、議論を戦わせ、真剣に話し合う。(中略)
意見は、主観的で相容れず、正しいか間違っているかによらず、もっとも宣伝のうまい者の意見が広まることになりがちである。

代替医療解剖(新潮文庫)より引用




ピポクラテスは、科学的根拠の大切さを説きました。



例えば、自然災害は神の怒りではありません。

そのことは科学的に説明できます。

観察・観測・実験・測定を行うということですね。

しかし地震なんかの前には動物の異常行動があった?とも聞いたことがありますが、人間にも本来備わっていて、文明と引き換えに失った感覚かも知れません。

(いや、知りませんけど。汗)



なんらかの神秘的な感覚・・・。

それらが文明と共に失なわれたとしても、科学は人類の英知です。


科学の本質はアーチボルド・コクランの言葉、「批判的概念」。

“それぞれの臨床試験の重みを批判的に検証しなくてはならない ” 。



結論に達してもさらに疑って真実を追求する、超ストーカー的概念です!




代替医療の科学的根拠


真実の口


コクラン共同計画をご存知でしょうか?

コクランの「科学的根拠に基づいた医療(エビデンス=ベースト・メディシン)」は世界で公平な試験法と認められています。

公平な試験法とは、プラセボ効果や観察者バイアスの影響を防ぎ、客観的に治療効果を評価するということ。


ランダム化プラセボ対照二重盲検試験は、医療に関しては考えられる限り、もっとも信頼できる臨床試験とされています(治療効果の、思い込み・偏見・先入観による影響を極限にまでなくす試験)。


長年にわたるコクランの臨床試験は多くの代替医療の理論を否定し、その効果は「プラセボでしかない」という結論を下しました。

プラセボとは偽薬のことで、プラセボ効果とは簡単にいうと「思い込み」ですね。



例えば簡単に、

  • 鍼治療「=ただの妄想・効果はない」。
  • カイロプラクティック「=危険・効果がない」。
  • 反射区療法(足つぼ)「=信じるに値しない」。


※一部効果が確認されている事例があります。




ちょっと衝撃ですね!?

私たちにとって(世界にも)ポピュラーな療法が・・・。



理論が否定されるというとは、特有の効果を説明する概念の道筋が崩れ去ったということ



手技療法の理論による効果は「思い込み~限定的」なので、

施術による効果は「マッサージとしての緊張緩和と考えるのが妥当」という結果でした。



最初の項目で、“すべての手技療法を整体(マッサージ)と一括りにするといった理由です。



マッサージの歴史は医療そのものの歴史。

その効果は、押す・揉む・さする、などによる血行の促進。体を揉めば緊張がほぐれるということはごく普通に感じることなので、古代からマッサージが行われてきたことは当然の経験則から。


その効果がコクランの臨床試験からも確認されています。

マッサージ「=有望そうな効果が確認される」。


ですからすべての手技療法を、

  • 西洋的にはマッサージ
  • 東洋的には整体



で差し支えない、むしろ妥当といえます。

考え方としてはですけどね。


冒頭の方で申しました、“私は整体とマッサージを同義に捉えています” と言うのはこういう意味です。



整体にはエンターテインメント性があってもいい


根拠も大切ですが、整体にはエンターテインメント性があってもいいと思っています。

プラセボこそが最強説もありますからね。


例えば、足裏から内臓の健康増進が可能という反射区療法。西洋的にはリフレクソロジーというヤツです。


リフレクソロジーのイメージ


足の裏は内臓と関連するゾーンにわかれているという。


「ここがゴリゴリしてるので肝臓が疲れていますね!」
「う~ん、ちょっと飲みすぎたかな?」


“当たるも八卦当たらぬも八卦”、占い的な感覚で。

会話を楽しむ・うたた寝する、施術を受けることの心地よさ。

筋肉をゆるめることで、血行やリンパが促進されリラックス効果もあります。



真に問題なのは、療法者が謳う過剰な宣伝文句(たまにいる胡散臭いヤツ)。

例えば、私が昔読んだある反射区療法は癌に効くというものです。もし他に有効な選択肢があるにも関わらずその療法を試し、治療のタイミングを逃したなら。藁にも縋る思いの方が、何の効果もない療法を信じ込んでしまったら・・・。

プラセボ効果なんかも究極はそこに行き着いてしまうんですね。



いつの世も、真実より意見・本質より演出、が広まりがちなものです。




補完代替医療の価値をきちんと知るべきだろう。ひとつには、年間十六億ポンドがそれらに費やされていると推測される以上、それに見合う価値が求められるからだ。

英国皇太子




コクランのホームページから、気になるキーワードでエビデンスについて検索できます!





整体の役割 統合医療へ


医療(西洋医学)+代替医療(ざっくりいうと東洋医学)=統合医療。


ヨガのイメージ


先ほども申しましたように、まず代替医療とは近代西洋医療以外の療法のことです。

整体を受けることや、1人でするヨガや太極拳などなど。

整体は健康やリフレッシュに気軽にご利用ください。

施術レベルや値段設定など様々です。美容院と同じように自分に合ったところを探しましょう!


また代替医療には、国家資格のはり・きゅう(鍼灸師)、マッサージの一部(按摩マッサージ指圧師)、骨つぎ・接骨(柔道整復師)なども含まれます。



代替医療は実に多岐にわたるので、理論上の効果(また存在自体)が怪しいものも多いいですが、そこには各国の歴史と事情も関わります。

鍼は二十世紀に入るまでは廃れていましたが、中華人民共和国建国とともに突如として蘇ります。それは国家の誇りを高めること、人民が手ごろに医療を受けられるようにするイデオロギー的なものでした。
また、アメリカでは日本の国民皆保険のような制度がありません。

手ごろな医療が必要とされたのです。




西洋医学と東洋医学の融合が最強!


近年は、医療と代替医療(西洋医学と東洋医学)のいいところを取り入れて、生活の質を向上させようという「統合医療」が位置付けられています。



  • 西洋医学は、「悪いところを治せばいい」(人工的)
  • 東洋医学は、「全体をよくすれば悪いところも治る」(自然)



いわゆる「統合医療」は、近代西洋医学と相補(補完)・代替療法や伝統医学等とを組み合わせて行う療法であり、多種多様なものが存在します。
社団法人日本統合医療学会によると、「統合医療とは、さまざまな医療を融合し患者中心の医療を行うものです。科学的な近代西洋医学のみならず、伝統医学と相補(補完)・代替医療、更に経験的な伝統・民族医学や民間療法なども広く検討しています。」

厚生労働省「統合医療」情報発信サイトから引用




西洋医学と東洋医学、どちらかに偏りすぎるのは必ずリスクがあると考えられます。少なくとも東洋医学は根拠のない神秘の力から脱し、補い合い統合を果たしていくべきでしょう。




中医学の基本思想である、気や経絡には科学的根拠がありません。


  • 経絡は気の通り道。
  • 経穴(ツボ)は気の出入り口。



で、鍼を打つとエネルギーのバランスが整えられる。


顔の鍼治療を受ける女性


こんなヤツ。顔からは陽の経絡が三つ出ているとされる。


これらは残念ながら“妄想”という位置付けです。


ですが、例えば首の後ろにある「風池」というツボは、押せば確かに目の疲れに効きます。そのことを実践による経験則から得ていました。いわゆる主要穴(主なツボ)の位置は私も施術の指標になっていて、古代中国の英知は確かに今に生かされています。


エビデンスがないとすべてが否定されるものではなくて、科学と経験則の融合が最強です!

融合とは科学だけでは解明できないこと、また経験則の「ボヤッと」「フワッと」した“意見”を排除することでしょう。


代替医療の世界はただの意見が多すぎるのです。




科学の核心部では、一見すると矛盾するかに見える二つの姿勢がバランスをとっている。ひとつは、どれほど奇妙だったり直観に反したりしても、新しいアイデアには心を開いておくこと。そしてもうひとつは、古いか新しいかによらず、どんなアイデアにも懐疑的に厳しく吟味することだ。そうすることで、深い真実を深いナンセンスからより分けるのである。

カール・セーガン





整体の本質


整体の本質は、凝り固まった筋肉をほぐして血流を改善させ、自然治癒力を引き出すことです。


整体のイメージ


様々な症状の原因をネットで調べてみると、「体の歪み」や「筋膜」など、いろいろなことが言われて結局のところ、なにが本当かよく分からないのではないでしょうか?

過剰な宣伝文句が多すぎて、本当に・どこまで効果があるのか疑わしい書籍やサイトが多すぎるのです。


意味のない理論、表面的な知識やテクニック論に惑わされないように、本質をしっかりと理解しましょう。



「整体」(手技療法)というと、
理論や技術ばかりが言われがちですが、極端にいうと体をほぐせればテクニック論は不要なわけです。


「タントン タントン」、お肩をたたきましょう。

気持ちいい肩たたきでもオッケーです。


実際には効果的に揉めることは高等技術ですが、手技そのものが特別な力で改善させるのではありません。


反対に、

筋肉の過緊張をゆるめることが出来なければ、どんな理論・技術も無意味です。

正しくこのことを説明するために、エビデンスの話まで持ち出しました。


また高等技術というと小手先のテクニック論になりがちですが、基礎・基本が大切です。

ホームページの「オリーブ流整体とは」に書いているので読んでみてください。




まとめ


整体とは手技でコリをほぐして血流を促し、自然治癒力を引き出すためのサポート。    

すべてはそのための手段にすぎません。

「再生力・免疫力=自然治癒力」。


整体では人間の体をロボットのように部品を取り換えるわけにはいかないので、痛みや疲れを治癒力で癒すしかありません。
また単に、肩が凝った・腰が痛い・疲れた、ことへの対処療法ではなく、明日への・豊かな人生への活力を担うもの。

それはまさに、生命力です!



そしてストレス社会に中で、リラクゼーションとしての役割価値が求められているのではないでしょうか。



この記事の参考書:代替医療解剖 (新潮文庫)

この記事と合わせて読むべき記事!「【施術論】体がほぐれるメカニズムと整体の真髄!」はこちら。