【整骨院とは?】整体との違いや利用法を解説!

【整骨院とは?】整体との違いや利用法を解説!

ご予約・お問い合わせ >

営業日 水・金・土・日(第1・3金は休み)/営業時間 9:30~19:00(最終受付)

【整骨院とは?】整体との違いや利用法を解説!



今回は、整体と整骨院の違いについて解説してまいります。


町にはたーくさんの整体や整骨院がありますよね。

肩こりやなんらかの症状を見てもらいたい!と思ったとき、

「どこにいけばいいんだろう?」という疑問。


人によっては、
「とりあえず目についたところにいってみよう!」という行動力の高い人もいるでしょう。

それはそれでいいんですが、ちょっとした本質的な部分を知っておくと見え方も違ってきます。


というわけで、「整体と整骨院の違い」と題して知っておきたいことをお伝えします。

整骨院について

整骨院の本分は国家資格である柔道整復術による、骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの応急処置です。

足にテーピングを巻く整骨院の施術風景


(整復・固定をするところ。)

柔道整復術はもともと柔道の試合や練習中に発生したケガの応急処置でした。


ちなみに、整骨院は正式には単に「施術所」と言います。

“柔道整復術による施術をする所”ですね。

ですから整骨院で行うことは「治療」ではなく「施術」と言います。


また、一般には「接骨院(せっこついん)」と言い「整骨院(せいこついん)」は俗称になります。



しかし、接骨院より整骨院という方がポピュラーになっています。

私が思うにはですが、

骨を繋ぐ、いわゆる「ほねつぎ」と言うイメージが、古臭かったりちょっと抵抗感を与えたり。

要するに、イメージ戦略上の理由ではないでしょうか。

というのも、世の中の業種のほとんどが実質的にはサービス業であり商売ですからね。


中には意味のないことをやってたりもするので、よーく読んでおいてください。



整骨院の多角化は自然な流れ

ボードに多角化の絵と事業の文字

私は大抵、安心や信用の判断材料に肩書を見てしまいます。

ハイパーエクセレントほにゃらら・・・、

というようなぶっ飛んだ肩書は別としても、例えば「国家資格」なら安心できますよね。


説明を聞くにしても、建築士・電工・調理師、etc.・・・。

「ちゃんとした資格持ってるんだ」、みたいな感じで。



しかし! しかし、ですよ。

整骨院などの代替医療の場合、往々にしてそうとも言えません。

国家資格保有者だからといって必ずしも正しいことをしているわけではありません。


もちろん、本分であるケガの応急処置であれば、固定したり骨折の疑いがあれば病院で検査するように適切なアドバイスが受けれるでしょう。


しかし規制緩和により整骨院が増えすぎたためケガをする人が追いつきません。

柔道整復師の学校は、
1998年の14校から2015年には109校に激増しました。

参照サイト:柔道整復師学校・養成施設数、定員 年度別推移



こうなると生き残りをかけたサバイバルが始まるのが世の常。


需要と供給のバランスが崩れると、

整骨院同士でも「うちは特別な技術がある!」とか、

「整体は無資格者!」とディスりまくることに。


医師が不足していた時代には整骨院は応急処置の場として必要とされました。

町の駆け込み寺的存在ですよね。

しかし現在では供給過多になり事業内容を大きく広げざるおえません。




そこで(謎の)骨盤矯正とか美容メニューが登場します。

とくに骨盤矯正は“歪み商法”の王道です。


こちらの記事を参考にしてみてください。↓

骨盤矯正で瘦せるのか!?95%が罠にはまる理由とは

マタニティ整体の活用法!逆子・産後の骨盤矯正は?



優良な整骨院の方も、現在の業界の在り方を憂いているはずです。




整体と整骨院の違いは保険適用施術

整骨院で指を固定した女性

整骨院の多角化が進む中、整体との明確な違いはココしかありません。


それは保険適応施術す。


保険適応は、急性の外傷性の打撲・捻挫・および挫傷(肉離れなど)。

また応急処置を除けば、骨折・脱臼については医師の同意が必要です。

参照サイト:全国健康保険協会(柔道整復師(整骨院・接骨院)のかかり方)



要するに、突き指した!足をくじいた!などの応急処置ですね。

  • 整体:※民間の手技療法をするところ
  • 整骨院:ケガの応急処置をするところ



※手技療法というとなんだか小難しそうですが、リラクゼーションです。



リラクゼーション(英: relaxation)は、休養、娯楽、弛緩などを意味するので、

整体と整骨院の本分は“似て非なるもの”とお思いください。


逆に、ケガの応急処置で整体にいっても仕方ないわけです。

「整骨院か整形外科にいってください」、となりますので。




肩こり腰痛で整体と整骨院の違いは?

うつ伏せの女性患者に施術する整体師

一言で整体と整骨院の違いを言うと保険適応施術ですが、それはあくまでケガの話。


保険の不正請求でなにかと袋だたきにされる昨今、

自費施術に移行する整骨院も増えているようです。

自費施術とは“整体”です。


自費施術で行うことは、肩こりや腰痛やケガの後遺症が慢性化した施術です。

これらは柔道整復術ではなく整体の分野なので、整体と整骨院で行うことに違いはありません。



保険請求の審査が厳しくなったり、

保険の範囲では不十分な施術だったりで、

自費施術に切り替えたい!という整骨院が出てくるのも自然な流れでしょう。



でも、「保険が使えるから整骨院に通っている」という人も多いいのではないでしょうか。

(いわゆるグレーゾーン。)

というか、ほとんどそう。

自費へ超えるべき壁です。




整体に必殺技は存在しない

必殺技で相手を吹き飛ばす柔道着の男性

そこで整体の勉強をすると色々なテクニックを学ぶはずです。

ここでよく陥る症状が、ノウハウ病です。


「もっと良いテクニックはないのか!?」
「手っ取り早いマル秘法はないのか!?」



どこかにすごいテクニックがあると思ってひたすら情報を求めてしまうのが、ノウハウ病。

しかし、残念ながら必殺技が見つかることはありません。


かめはめ波のような一撃必殺技は整体には存在しません。


ですから、整体や整骨院でよく見かける、
「当店独自の○○法で驚異の改善率!!」
みたいな謳い文句もありますが、
100%ウソです。笑



さらには手軽な裏技を求めて業者が提供する、

「奇跡の治療法!!」「驚異の時短施術!!」

みたいな商材に手を出すことになるわけです。

(もちろんそんなものありません。)


ノウハウ病の施術者には残念ですが、結局のところ、地道に練習して失敗を繰り返しながら成長していくしかないんですね。




最後に

今回は、整体と整骨院の違いをお話しました。

明確な違いは保険適応施術。

ですが今の時代、ケガをしたら病院に直行するのが一般的ではないでしょうか。


自費施術に整体と整骨院の違いはありません。

必殺技はありませんのでしっかり押してくれるところを選びましょう。



最後に、整体のことがよくわかるサイトを紹介します。

ものすごーく手前味噌ではありますが、
私が気合を入れて書いたブログです。笑
https://olive1.com/blog/


「そうなんだ!」「わかりやすい!」と言われます。

もし、興味があればぜひ読んでみてください。

気が向いたときに一記事づつ読むだけで整体のことが丸ごとわかります♪


ではでは、整体で人生を豊かに!

関連記事:整体初心者は要注意!失敗しないお店選びのポイント

オリーブトップページ